こだわりとアイデアの詰まった究極の皿回しINNE(インネ)

こだわりとアイデアの詰まった究極の皿回し専用のお皿です

もっとすごい技を実現するために。
ジャグラーのために扱いやすさ、安定性、技術の発展性にこだわりぬいて設計しました。

フェイスディンプルでこれまでにない技を実現

表面の中心に凹みを設けました。
これまでの皿には装備されていなかったこの凹みは、指やスティックの先端を合わせることで、スタック(積み上げ)、バーティカル(縦)といった新しい系統の技ができるようにしました。

太いリムで回転時の安定性を確保

かつて皿回し上級者は回転モーメントを得るために、既製の薄い皿にチューブやホースを巻くのが主流でした。
安定はする一方「皿」回しと聞いて一般に持たれるイメージから離れてしまいゴツゴツした道具になってしまっていました。
INNEでは最初から太いリムを搭載することで、一体感のあるデザインのまま安定性を確保することができました。

バックディンプルで左右への動きを安定

皿回しをしているときに一番棒が触れるのは皿の裏側です。
裏側には試作を重ねたこだわりの傾斜角度と、バックディンプルを装備しました。
バックディンプルは裏側中央の凹みで、ここにスティックの先端がはまりこみます。
元来、皿は回っている最中はスティクの上に乗っているだけなので左右への動きには非常に弱く、
簡単に中心からずれて、回転が失速してしまいます。
バックディンプルにスティックの先端をはめることで、スティックを左右に動かしても皿がついてくる操作性の良さを実現しました。

取り回しやすい直径と重さ

ジャグリングと言えばナンバーズ(たくさんの道具を操る事)。
安定性をのこしたまま、空中でぶつからないよう直径23cmと小さめに、
反転や投げ上げがしやすいよう、200gと軽めにしあげました。



ジャグラーの皿回しのために設計されたINNEを是非手に取ってみてください

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!