皿回しの道具の選び方!初めて挑戦する方のために診断チャートを作成しました

皿回しを始めたい方が、どのお皿を買ったらいいか判断できるように、皿回し診断チャートを作成しました。


それぞれのお皿の解説やショップページのリンクを載せておきます。

MBスピニングプレート

スイスのサーカス用品ショップ、ミスターババッシュ社製のスピニングプレートです。非常に軽く柔らかく、身体に当たってもいたくないですし、日本で買っても1000円程度と安価なので、「とりあえず回す」を目標にするには一番手頃なお皿です。
MBスピニングプレート購入ページ(ナランハ様)

スピニングプレートINNE(インネ)

値段は17000円と非常に高価ですが、特許取得、世界大会優勝の実績のある高性能プレートです。フェイスディンプルやよく滑る素材が特徴で、これでしかできない技がいくつもあります。
INNE(インネ)購入ページ(PM Juggling様)

改造ヘンリース

通称いっせい皿。ヘンリース社製のスピニングプレートに溝ゴムとチューブをまく改造を施すことで、大会で勝負できるレベルの性能を、もっとも安価に手に入れることができます。
ヘンリース皿の改造方法

バランススピードプレート

香港のJTA社製のお皿で、もっとも値段と性能のバランスがよい。フェイスディンプルがあるので、スタックなどの技もできる。サークルで共同購入するならこれを推します。
バランススピードプレート購入ページ(RADFACTOR様)

今回は以上です!
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!