531アウトサイドマルチ

3皿531の1の部分にアウトサイドマルチを足しました。


コツとしては、アウトサイドマルチを挿入する時間を作ることと、挿入しやすく素早く行うことです。
時間を作るために、531と書きましたが、かなり高めにして、一番上の皿は9に近いくらいがよいと思います。力いっぱい投げ上げてください。直接アウトサイドマルチの時間にかかわるのは、2番目の皿が落ちてくるまでの時間なので、1番上の皿にちかいくらい2番目を高くするといいと思います。アウトサイドマルチ自体は、スティックが1回転するものよりも半回転の方が素早くできるので挿入しやすいです。

週刊皿回しロゴ
今回は以上です!
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!