2皿ダブルレッグオーバー

アクロバティックで評判のいい技の一つ、ダブルレッグオーバーを2皿2棒ですると、この形になります。
皿1枚のダブルレッグオーバーについては別の記事で解説しています。
動画は、韓国のジャグラー、パク・ジョンイン(작정인)さん



左手の皿が上を通って右へ、右手の皿が両足の下を通って左へ移る形です。利き手が反対、または得意なダブルレッグオーバーが反対の場合は、左右逆になります。

コツとしては、右手を下げる方、ダブルレッグオーバーで飛ぶ方にに集中することだと思います。
左手側の皿は高くあげる必要はないので、ジャンプのついでに左手の皿が少し飛ぶだけ、というイメージでやると、皿がズレにくいです。

今回は動画をお借りして講座を書いてみました。
講座の更新スピードアップのためにも、これからも時々お借りするかもしれません。
次回もお楽しみに!


これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

次回の「それって!?実際どうなの課」に出演します!