3皿1アップ2アップ

3皿の1アップ2アップです。
片方ずつ投げて片手は休める、423の形で準備してから、
休んでいた方の手でも投げるようにすると、練習しやすいと思います。



真ん中の皿は、左右の手で交互に投げるようにすると両手とも練習になります。
ただ、左右にぶれて少し難しくなるので、初めは利き手だけで投げるのがいいかもしれません

週刊皿回しロゴ
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!