フレミングとカカシのシークエンス

おさLINEミーティングでスティックの持ち方の名前について話し合ってきたので、
今回はそれを使って短いシークエンスを作りました。




スティックを水平にした状態で、指を一本立てると、その上に皿を乗せられます。
親指を立てるのがフレミング、人差し指を立てるのがカカシです。
反対の手を合わせて、マニピュレーションっぽくしてみました。

ちょっとロボットみたいな動きができて、楽しいです。


カカシとフレミングについてはまた今度解説しますね。

週刊皿回し


週刊皿回しでは週一回、instagramやTwitterに動画を投稿して、ホームページに解説やコメントをつけています。
週刊皿回しロゴ
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!