ふわっと浮くハットの技 パンケーキパス

1皿0棒の技、パンケーキパスのやり方です。
もともとはハットジャグリングから輸入した技ですが、ふわっと浮いた感じで見え方が面白いので、アクセントに使える技だと思います。
技の名前は、ハットジャグラーの仲間に聞いてまわってもわからず、とりあえずでつけました。



やり方は以下の通りです。
①皿を右手に、上面を上にして、親指と手のひらで挟むように持ちます。
②左手を上に伸ばして、キャッチする場所で待機します。
このとき、左手を開いたり閉じたりして注意を引くこともあります。
③右手首のスナップを効かせて上に投げあげます。
④左手でキャッチします。

以上です。
簡単に書いてみましたが、コツがいくつかあります。
②の投げるときですが、右腕はあまり動かさず、なるべく手首だけで投げるようにすると、皿が勝手に浮かび上がる感じがして不思議感が増します。
投げ上げる強さですが、投げられた皿が上がっていって、重力で減速してちょうど止まるところ(放物線の最高点)でキャッチすると、ふわっとした感じがでます。
④のキャッチのとき、左手の位置は変えないでキャッチできると不思議な感じが増すので、②の左手の位置と③の投げる高さを色々調整して、ちょうどいいところを探してみてください。


アレンジもいくつかあって、左手を挙げて待ってはいるんだけれどもキャッチしないパターンと、バックキャッチとピルエットを挟んだものを紹介しました。
慣れてきたら試してみてください。キャッチする高さが違うので投げるときの回転速度が微妙に違います。



週刊皿回しロゴ
今回は以上です!
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!