ターンオーバーリムバランス解説

「あっ!ここにも乗った!」ってなったので動画にしました!



フェイスディンプルがあると、ターンオーバーができます。今回はひっくり返った時に棒の上に皿が来るようにしたいので、皿の裏側を指で、表側をスティックで触る形にしています。ターンオーバーの傾き制御は、少しやりにくいのですが、スティックを左手の中指~小指で短く持って人差し指でボディ表側を触るか、右手人差し指で皿を保持して親指でボディ裏側を触るのがよいでしょう。動画ではバックディンプルのあたりは見えませんが、右手人差し指で中央を保持する後者のパターンにしています。
最後のリムバランスの形にしたとき、スティックは、上に乗っている皿から力が伝わって、回転しようとします。INNEやMBスピニングプレートのようなリムがよく滑る皿では、スティックが実際に回転してしまって、徐々にずれて落ちてしまいます。改造ヘンリースバランススピードプレートはリムが滑らないのでスティックは落ちません。そして、ターンオーバーはフェイスディンプルがあるバランススピードプレートINNEでしかできません。すると、リムバランス+ターンオーバーは今のところバランススピードプレートでしかできない技なんです。



今回の投稿はJTAのサポートをうけています。
週刊皿回しロゴ
今回は以上です!
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

皿回し技解説 1枚2本基本編

4皿ファウンテン、新記録更新しました!