クレーンと左右受け渡し

前回紹介したフレミングから、持つ位置を変えて棒を長く持つと、
クレーンのアームのように左右に動かすことができます。




上から見下ろす形の動画なので手元は見にくいですが、
フレミングからクレーンに入る部分は以前の1皿1棒の皿回しショートシークエンスでも使っているので、そちらをご覧ください。
反対の手も親指の上に皿を乗せる形にしておくと、先端を受け取ってクレーンにまた入ることができます。

左右交互にしたり、クロスアームにしたりできます。


週刊皿回し


週刊皿回しではなるべく毎週末、SNSに動画を投稿して、ホームページに解説を書いています。
週刊皿回しロゴ
これまでの皿回し講座一覧はこちらからご覧ください

次回もお楽しみに!

このブログの人気の投稿

皿の回し方

4皿ファウンテン、新記録更新しました!

皿回し技解説 1枚2本基本編